(ver.2.6)

本マニュアルは、楽メールの設置(アップロード)が完了し、管理画面が表示された後の操作・設定方法となります。
  設置が完了していない方は、こちらの「楽メール設置マニュアル」を参考に設置を行ってください。
初めてご利用の方は、当ページの「配信までの設定手順」に従って設定を行っていただければと存じます。

本マニュアルの解説は楽メール最新版(2009/1/13公開・ver.2.6)に準拠したものとなります。


最新版楽メールの動作条件について(空メール機能及びエラーメール自動削除機能)
  空メール機能及びエラーメール自動削除機能につきましては、以下の条件を満たしている必要がございます。

・「Net/POP3.pm」(Perlモジュール)がインストールされていること(※メール受信に必要)
・CGIスクリプトによるソケット通信が可能であること(※メール受信に必要)

条件を満たしていない場合、エラーが出るか、サーバーによりましては500エラーとなる可能性がございます。

ご利用のサーバーが対応しているかどうかは、サーバー会社の方にご確認ください。

目次
■配信までの設定手順 ■各種機能
STEP.1 ログイン
STEP.2 プラン作成
STEP.3 詳細画面
STEP.4 配信元情報の設定
STEP.5 登録設定
STEP.6 登録用フォームの設定・フォームタイプの設定
STEP.7 登録用フォームの自動生成ページへアクセス
STEP.8 登録用フォームのソースを取得
STEP.9 配信日程の設定(ステップメール)・日付指定配信
STEP.10 本文編集
STEP.11 システム稼動
STEP.12 ステップメールの自動配信設定
STEP.13 管理者情報変更
登録者情報(一覧・追加・編集・CSVアップロード/ダウンロード)
メール一斉配信
条件指定配信
ワンクリック解除機能
画面カスタマイズ機能
配信時間帯指定機能
プランのコピー
まぐまぐ自動登録機能
登録時メールを管理者宛と分ける
本文のアップロード/ダウンロード
クリック計測機能
配信日程管理機能
フォームデザイン選択機能
確認項目の並び替え
[NEW] ダブルオプトイン / ダブルオプトアウト
[NEW] 空メール機能
[NEW] エラー(不達)メール解析(自動削除)機能
[NEW] 解除時メール自動の管理者宛送信機能
■その他解説 ■資料・リンク
送信方式設定
配信ログ
ヘッダー/フッター
変更・解除フォーム
プランの削除
携帯3キャリアへの対応について
セットアップ(環境設定)について
楽メール公式サイト内「よくあるご質問(FAQ)」(別ウィンドウ)
携帯ブラウザへの対応資料(PDFファイル)


■配信までの設定手順

STEP.1 ログイン


▼解説
ID・パスワードを入れてログインを行います。
初期設定では ID・・・「id」 パスワード・・・「pass」 となっています。
IDとパスワードはいつでも任意に変更可能です(管理者情報のページより)


STEP.2 プラン作成


▼解説
まず最初に上部メニューの「新規作成」をクリックして新規プランを作成します。
一度設定した配信回数・配信間隔はいつでも自由に変更できます。

「プラン名」「配信回数」「配信間隔」を指定のうえ、「次へ」をクリックしてください。その後、プランの「詳細画面」へ移動します。
※上記はいつでも変更可能です。


STEP.3 詳細画面
 


▼解説
プランの新規作成後、または次回からのプラン選択後はこの画面となります。
設定のメインはこの画面から各メニューへ移動して行うこととなります。
この画面からは、各種設定状況の確認や、登録フォームのHTMLの取得を行うことができます。


STEP.4 配信元情報の設定
▼解説
こちらのページにて、配信元情報を編集します。
メールの配信元として表示される名前やメールアドレスが設定できます。
表示されるアドレスと、管理用のアドレスを分けたい場合は、別のアドレスを「管理者メールアドレス」の欄に記入してください。


STEP.5 登録設定

▼解説
こちらのページにて、登録設定を編集します。
注釈を参考にチェックボックスにチェックを入れてください。
登録完了時・変更完了時・解除完了時に任意のページを表示したい場合は、ジャンプ先のページを作成・アップロードした後、
そのページへのリンクをこのページから設定してください。
※ver.2.4から、httpsから始まるアドレス(SSL用)を簡単に指定できるようになりました。


STEP.6 登録用フォームの設定 ※STEP.6〜8の解説はHP上に登録フォームを設置する際の設定です。

▼解説

こちらのページでの設定により、システムが自動書き出しするフォームが決定されます。
「基本項目」と30個の「フリー項目」から設定を行ってください。
選択にチェックを入れた項目のみ反映されます。必須項目を設定したい場合はその項目の必須の列にチェックしてください。
「表示名称」も自由に変更可能です。

※デザインテンプレートにつきましては、「決定」をクリックしないと反映されませんので、ご注意ください。

フォームタイプの設定


▼解説
フリー項目のフォームタイプを変更できます。
各フリー項目の「フォームタイプの詳細設定」をクリックすると、設定ウィンドウが開きます。
ここで設定を行うことで、フォームHTMLが自動生成される際のフォームタイプが変更されます。
▼解説
このウィンドウにて、希望のフォームタイプを選択してください。
「セレクトフォーム」「チェックボックス」「ラジオボタン」につきましては、選択する項目(要素)を設定する必要がありますので、
「編集ボタン」を押して表示されるウィンドウにて設定を行ってください。


STEP.7 登録用フォームの自動生成ページへアクセス

▼解説
詳細ページ中の「登録用フォーム」欄から「HTMLソースのサンプルを表示」をクリックしてください。
変更・解除フォームにつきましても、下部に同様のサンプル表示リンクがございます。


STEP.8 登録用フォームのソースを取得
▼解説
登録用フォームのHTMLを取得し、ホームページにソースとして貼り付けてください。
こちらのHTMLには楽メールシステムへのリンク情報も既に含まれ、すぐに利用できる状態になっています。
ホームページビルダー上に上記ソースをコピーして編集する場合、ホームページビルダーの自動修正機能を停止してください。


STEP.9 配信日程の設定(ステップメール)

▼解説

ステップメールの配信スケジュールを決定します。
配信回数は「下に追加」で増やしてください。
登録時や変更時には、自動的に任意のメールを送信できますが、左の「不可」のチェックボックスにチェックすることで、
自動返信を行わないように設定できます。

また、一時停止のチェックボックスにチェックすることで、前回のステップメール送信後に送信を待機することができます。

【関連項目】配信日程管理機能 / [参考資料] 配信日程の仕様について

日付指定配信


▼解説

ステップメールと平行して、「○月○日」という日付指定配信も可能です。



STEP.10 本文編集

▼解説
ステップメールや自動返信で送られるメールを作成できます。
簡易タグを利用することで、登録情報を個別に埋め込むことが可能です。
HTMLメールの設定もこちらから行えますので、利用される方はページ内の注釈を参考に設定を行ってください。
ワンクリック解除のリンクは、ワンクリック解除の「簡易タグ」を文中に入れることで自動挿入できます。

【関連項目】ワンクリック解除機能



▼解説
「登録時」の自動返信と、管理者への通知内容を別の物にしたい場合は、こちらから設定可能です。
ここでの本文を有効とした場合、上記本文が管理者へ送信されます。
また、このメールの【送信者メールアドレス】は「登録者のメールアドレス」となり、一般的なメールソフト等では
「返信メールアドレス」として利用することができます。(そのまま返信が可能となります)


STEP.11 システム稼動


▼解説
システムを稼動・停止の設定を行います。この設定はプラン選択画面でも可能です。
「稼動する」にしない場合、一切の登録・配信が行われませんので、ご注意ください。


STEP.12 ステップメールの自動配信設定

▼解説
楽メール自動配信のしくみ(自動配信タグ)
楽メールはCGIスクリプトですので、配信予定のチェック・配信を行うには何らかの形でシステムを起動させる必要があります。
そのための方法として、お奨めしているのが、「配信タグ」を利用した自動配信です。
任意のサイトにタグを設置し、そのサイトに不特定多数が訪問する毎に、楽メールが自動起動し、その日に予定された配信予定をチェックし、
自動配信を行います。

【設定方法】

管理画面へログイン直後の画面に表示される「自動配信タグ」をお手持ちのサイトの<head></head>内の任意の場所に
ソースとして貼り付けてください。


【関連項目】配信時間帯指定機能
■自動配信タグ以外の送信方法について

(2)配信専用ページからCGIをワンクリックで起動

配信用のURLアドレスをクリックすることで、CGIの起動・チェック・配信を行います。
※専用リンク及び詳細は、管理画面内の注釈をご一読ください。

(3)CGIに手動でアクセスし、配信を実行する

CGIの管理画面上からCGIの起動・チェック・配信を行います。
このページ上部メニューの「配信を実行する」をクリックすることで、 チェック・配信が行われます。

【ご注意】
配信には
●アクセス毎に配信
●分割で配信
の二通りがあり、どちらかを「送信方式設定」で決定します。(デフォルトは分割方式)
分割送信の場合は、1日1回のアクセスでその日にスケジューリングされたメールを全て送信しますが、アクセス毎の送信では、
1回の配信数以上に配信予定のメールがある場合、複数のアクセスが必要となります。

▼配信設定マニュアル.html「ご利用サーバーでの制限」をご覧ください。

(4)クーロンを利用した自動送信(わかる方向け)

UNIX系のOSの機能であるクーロンを使用することによって自動化(スケジュール管理) を行います。
クーロンが使用できない環境の場合は上記のいずれかの方法でメールを配信してください。
クーロンの利点は、タグやアクセスを使わずに自動配信ができる点と時間指定が可能な点です。
※詳細は、管理画面内の注釈をご一読ください。



STEP.13 管理者情報変更

▼解説
ID・パスワードをいつでも任意のものに変更できます。
セキュリティを重視される方は定期的に変更されることをお奨めします。

■各種機能

登録者情報(一覧)

▼解説
こちらの画面から、登録者のリストを一覧することができます。
一覧のリストには、「お名前」・「メールアドレス」・「配信済み状況」が表示され、「編集」をクリックすると「編集画面」が表示されます。
登録者情報(追加)

▼解説
手動で1件づつ登録者を追加したい場合、「登録者情報」のページの「追加」のリンクをクリックしてください。
こちらのページで「配信情報」・「登録者情報」を入力のうえ、「追加する」をクリックしてください。

上記の「配信情報」にて「登録時メール」を「送信する」に指定した場合、「追加する」のクリックと同時に「登録時メール」が送信されます。
登録者情報(編集)

▼解説
登録内容の変更や登録者の削除はこの編集画面にて行います。
配信の状況や操作もこの画面の「配信情報」にて設定できます。

ステップメールの一時停止機能を利用し、該当登録者が待機中の場合、「配信情報」の項目の表示が変化します。

【関連項目】ステップメール一時停止機能 / [参考資料] 配信日程の仕様について
登録者情報(CSVアップロード/ダウンロード)


▼解説
メールアドレス(登録者情報)のダウンロード・アップロードを利用することで、CSVによる登録者の一括管理が可能です。
「一覧をダウンロード」をクリックすると、画面の移動等なくCSVのダウンロード案内が表示されます。
「一覧をアップロード」の際は、専用ページへ移動し、「登録時」のメールを含めるかどうか・既存のリストを上書きするかどうかを選択できます。
詳しくは、システム内の注釈をご参照ください。


メール一斉配信


▼解説

左メニュー部の「登録者へメール送信」をクリックすると、そのプランの登録者へのメール一括送信が行えます。
(本文の編集と同様にタグによる個別情報差込に対応)

管理画面の表示に従い、件名・本文・送信方式等選択のうえ、「次へ」をクリックしてください。

送信件数の決定は以下となっています。
バックグラウンド配信 → 「送信方式設定」画面の「分割で送信する」で設定されている件数
手動配信 → 「送信方式設定」画面の「アクセス毎に送信する」で設定されている件数

プラン編集->配信日程・本文->日付で指定で日付を入力して”更新を反映”ボタンを押します。ここで指定する日付は当日でも可能ですが、
同じ日に複数配信する事はできません。同じ日には1回の配信のみとなります。また、この場合は当日に登録した方へは送信されません。

日付を当日に指定して本文を編集していただければ、配信動作実行時に登録者全員へ配信されます。
なお日付指定での配信もプラン配信と見なされますので、送信方式を「分割で送信する」を選択されていれば一括送信と違い、
1回の配信動作で全て配信されます。

「次へ」をクリックすると、「条件指定」のページへ移動します。登録者全員に送信する場合は、そのまま「送信する」をクリックしてください。

※「登録者へメール送信」の機能では、HTMLメールは送信できません。

【関連項目】条件指定配信機能



条件指定配信
▼解説

「登録者へメール送信」の画面にて「次へ」をクリックすると、条件指定画面に移動します。
プラン登録者全てに送信する場合は下部の「送信する」をクリックしてください。
条件指定配信を行う場合「条件を指定して配信する」ボタンをクリックしてください。



▼解説

設定されている項目に応じて、条件指定が可能となります。(「登録用フォーム」の画面で設定した項目に依存します)
条件を入力のうえ、「実行する」ボタンを押してください。

【関連項目】登録用フォーム



▼解説

条件に一致した件数が表示されますので、こちらでよろしければ「送信を開始する」をクリックしてください。



ワンクリック解除機能

▼解説
ワンクリック削除につきましては、「配信日程・本文」のページにて設定する簡易タグにて設定を行います。
簡易タグリストの中に<%cancel%>がございますので、これを文中に挿入することで、
メールの中に各登録者毎のワンクリック解除リンクが自動生成されます。

【関連項目】本文編集 / メール一斉配信


画面カスタマイズ機能

▼解説
エラー画面・登録完了画面等を自由に変更することが可能です。
プラン毎に別個のデザインとすることができます。

▼解説
この画面でソースを編集します。(HTML編集の知識が必要となります)

■画像を利用したい場合、サーバ上の画像をリンクしてください。
■<%***%>と記述されている箇所は編集・削除しないでください。
■<form> 〜 </form>内に<form>は入れないでください。
■HTMLソースで生成される項目以外のデータはご利用いただけません。
ホームページビルダー上に上記ソースをコピーして編集する場合、ホームページビルダーの自動修正機能を停止してください。


配信時間帯指定機能

▼解説

ステップメールメール配信を行う時間帯を絞り込むことができます。
ご指定のステップメール配信時間帯は、稼動中のプランに対して有効となります。
「停止時間」に「開始時間」より前の時刻を指定すると、翌日の時刻が設定可能です。
同時刻を指定することで、常時稼動となります。

▽対象となるメール配信
・管理画面「配信を実行する」リンクによる配信
・自動配信タグによる配信
・cronによる配信
※その他すべての機能および配信には適用されません。
※「登録時」などの各通知メールは時間帯の設定に関わらず登録及び配信を行います。

【設定例】
0時から12時まで
→ 0:00〜11:59までメール配信を行います。
20時から2時まで
→ 20:00〜翌日の01:59までメール配信を行います。

【ご注意】
指定の時間帯にアクセスがなく、その日に予定していた配信が行われなかった場合、
その未配信分は、次回のステップメール配信時に累積されて配信されます。



プランのコピー
▼解説
プランをそのままの形でコピーすることができます。
コピープランは「停止中」の状態で作成されますので、稼動したい場合は「稼動」を押してください。


まぐまぐ自動登録機能

▼解説
この設定を行うと、該当プランのフォームから登録を行った後、自動的にまぐまぐへの登録を行います。
その際、登録完了画面はまぐまぐの完了画面となります。
まぐまぐの運営会社側にて登録に必要な情報に変更があった場合、この登録機能は正常に動作しない可能性があります。

本運営の前に、必ず登録フォームからテストを行っていただき、まぐまぐの登録画面へ自動的に移動するかご確認ください。


登録時メールを管理者宛と分ける

▼解説
「登録時」の自動返信と、管理者への通知内容を別の物にしたい場合は、こちらから設定可能です。
ここでの本文を有効とした場合、上記本文が管理者へ送信されます。また、このメールの【送信者メールアドレス】は
「登録者のメールアドレス」となり、一般的なメールソフト等では「返信メールアドレス」として利用することができます。

【関連項目】本文編集


本文のアップロード/ダウンロード


▼解説
「配信日程・本文」のページの下部に「本文のダウンロード/アップロード」という項目がございます。
「ダウンロード」の項目をクリックすると、現時点で設定してある配信日程・本文の設定をCSV形式にて取得できます。
また、こちらの項目からCSVファイルを参照し、配信日程・本文上書きすることも可能です。

【関連項目】配信日程の設定(ステップメール)・日付指定配信


クリック計測機能
▼解説
送信したメールの「転送アドレス」の反応数やクリック数を分析・計測します。
転送先アドレスを登録するには、「転送先アドレスを登録する」をクリックください。
「反応数」をクリックすると、URL別のレポートが閲覧できます。

【アクセス分析は以下の手順で行ってください。】
1) 転送先アドレスを登録してください。
2) 登録した転送先アドレス「変換タグ」を本文に記述のうえ、メールを送信してください。※タグが集計・転送リンクに置き換わって送信されます。
3) クリック分析の集計結果をご確認ください。
※分析・集計は、転送先アドレスを記述したメールに限られます。


1) 転送先アドレスを登録する

▼解説
「転送先アドレスを登録する」をクリックしてください。
移動先の画面で、転送アドレスの識別名と、アドレスを入力してください。(プルダウンでhttps://への転送も可能です)
設定後、「登録する」をクリックしてください。


2) 登録した転送先アドレス「変換タグ」を本文に記述

▼解説

「ステップメール」・「日付指定配信」の本文・もしくは「登録者へメール送信」の文中に「転送用タグ」を記入してください。
「転送用タグ」は転送先が登録されると、上記画像のように「登録データ挿入タグ」の下部に作成されます。

「転送用タグ」は、メール送信されると以下のような形式に変換されて文中に記載されます。

【例】 http://www.******.com/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=Z4MDA2CvJ2J0c&I=00003

【関連項目】本文編集 / メール一斉配信



3) クリック分析の集計結果を確認
▼解説

メール送信完了後、再度「クリック分析・計測」の画面に移動し、送信数とクリック数をご確認ください。



配信日程管理機能
ステップメールの配信状況を変更することが可能です。
方式といたしましては、大きく分けて以下の4通りがございます。

ステップメール一時停止機能



▼解説
一時停止のチェックボックスにチェックすることで、前回のステップメール送信後に送信を待機することができます。
待機 状態を解除し、ステップメールを再開する場合は「登録者情報」のページより「再開」ボタンを押してください。
※「再開」の操作は各登録者の「編集」画面内からも行う事ができます。

「再開」ボタンを押すのと同時にその回のメールが配信され、以降はその日を起算としてステップメールが再開されます。
なお、停止をした直前の回のメールが配信された日と同じ日に上記のボタンを押した場合でも、特に問題はなく配信されます。


【注意】 稼働中の変更
★場合によっては一度に複数のメールが配信されてしまう場合があるため注意が必要です。

・ステップの追加・削除や停止設定変更などがあった場合、最新の日程で配信動作が行われます。
・「配信済」の次回ステップを「一時停止」設定に変更すると待機状態となります。
・「配信済」の次回ステップの「一時停止」設定を外すか削除すると待機状態は解除されます。
・累積され配信されたステップを「一時停止」に変更した場合は実際に送信された日が起算日となります。
・「配信済」より前のステップを追加して「一時停止」設定にした場合など、実際に送信されていない
ステップを「一時停止」設定に変更した場合、その回以前に送信された最後のステップの送信日(予定日も含む)が起算日となります。

【関連項目】配信日程の設定(ステップメール)・日付指定配信 / 登録者情報

CSVアップロード時の日付設定


▼解説
※左メニュー「登録者情報」⇒「一覧をアップロード」をクリック後のページ中ほど

・CSVによる一括登録の際の、新規登録者の配信開始回を指定できます。

・ 配信開始日はセレクトメニューに表示されます。
 ※配信日程に変更があった場合は変動します。
・ 「一時停止」をチェックしたステップから配信したい場合は、配信開始日を指定する必要があります。
 ※登録日からの日数を指定していただきます。
登録者情報(追加)時の日付設定

【登録者情報(追加)】
※左メニュー「登録者情報」⇒各登録者の「追加」をクリック後のページ上部

・新規登録者の配信開始回を指定できます。

・ 配信開始日はセレクトメニューに表示されます。 (配信日程に変更があった場合は変動します)
・ 「一時停止」をチェックしたステップから配信したい場合は、配信開始日を指定する必要があります。( 登録日からの日数を指定します)
登録者情報(編集)時の日付設定
【登録者情報(編集)】
※左メニュー「登録者情報」⇒各登録者の「編集」をクリック後のページ上部

・既存の登録者の次回の開始回を指定できます。(未配信のステップメール)

・ 配信開始日はセレクトメニューに表示されます。
  ※配信日程に変更があった場合は変動します。
・ 「一時停止」をチェックしたステップから配信したい場合は、配信開始日を指定する必要があります。
 ※編集を行った当日からの日数を指定していただきます。


フォームデザイン選択機能

▼解説
「登録用フォーム」の画面上部の「デザインテンプレート選択」にて、PC用登録フォームのデザインを選択できます。
※携帯用のフォームは仕様が決まっているため、変更できません。

右部の「デザイン一覧」をクリックすると、デザインのサンプルイメージを確認いただけます。

※デザインテンプレートにつきましては、「決定」をクリックしないと反映されませんので、ご注意ください。

【関連項目】登録用フォーム


確認項目の並び替え

▼解説
登録フォームから登録を行う際、確認画面を表示する場合の並び順を指定できるようになりました。
「表示順」の列のプルダウンにて、順番を指定してください。
※ 「表示順」は指定したものから優先的に表示されます。特に必要がない場合は、指定する必要はありません。

【関連項目】登録用フォーム


ダブルオプトイン

▼解説
ダブルオプトイン機能とは、入力されたメールアドレス宛てに登録意思を確認するメールを送信し、登録までに二重の確認を行うシステムです。
登録意思を確認するメールに記載されたURLにアクセスすることで登録が完了しますので、メールアドレスの入力ミスや他人のメールアドレスを利用したなりすまし登録を防ぐために、適切な機能です。

【注】
ダブルオプトインの画面表示が全画面・ポップアップどちらで表示されるかは、設置する「登録フォーム」に依存します。


【関連項目】登録用フォームのソースを取得
ダブルオプトアウト
▼解説
ダブルオプトアウトにつきましては、基本的にダブルオプトインと同様の操作となります。


空メール機能

▼解説
空メール機能とは、件名や本文に何も入力しないメールを指定のメールアドレスあてへ送ってもらい購読登録を行うシステムです。
登録するメールアドレスの入力を行う必要がないため、手間の軽減や正確なメールアドレスを取得することが可能です。
※空メール機能のご利用には、必ず専用のメールアカウントが必要です。
※登録用・解除用でそれぞれ別のアドレスが必要ですので、ご注意ください。

空メール機能においては、定期的に空メールの受信状況をチェックする
必要があるため、CRONの設定を推奨いたします。

・CRONの最小実行間隔はレンタルサーバー毎に制限が異なるため
空メール機能にてCRONご利用される場合は、予め確認をお願いいたします。

・低価格帯のサーバーの場合、CRONの最小実行間隔は1時間程度のものが多いようです。上記のサーバーの場合、CRONを設定した場合におきましても、登録者が空メールを送信してから楽メールからの自動返信が届くまで最大で約1時間のブランクが生じます。上記のブランクを極力なくしたい場合は、CRONの最小実行間隔の短いサーバをご利用いただく必要がございます。



エラー(不達)メール解析機能
@アカウント設定画面
▼解説

【エラー(不達)メール解析機能とは】
エラー(不達)メール解析機能とは、送信したメールが何らかの理由により配信されず、
エラーとして返されてしまうメールを分類し解析する機能です。
エラーとして返されるメールの送り先を指定のメールアカウントにすることで受信・解析処理を行います。
エラーとなるメールアドレスへの再送を防ぐことで、負荷の軽減や配信精度を高めるのに有効な機能です。
エラー(不達)メール解析機能のご利用には、必ず専用のメールアカウントが必要です。

@アカウント設定画面について
こちらの画面にて、エラーによる戻りメールを受信するためのメールアカウントを設定します。


Aエラーメール受信画面


▼解説
Aエラーメール受信画面について
こちらの画面での操作で、エラーメールを受信します。
この処理を自動で行いたい場合は、チェックボックスにチェックを入れてください。
手動受信は、「エラーメールを受信する」ボタンをクリックしてください。
また、エラーの定義を任意に設定する事が可能です。

Bエラーメール集計画面


▼解説
Bエラーメール集計画面について
こちらの画面では、受信されたエラーメールの解析結果が一覧で表示されます。
「登録者を削除する」のボタンをクリックすることで、該当のアドレスの登録者が一括で削除されます。

C削除済み一覧画面


▼解説
B削除済み一覧画面について
こちらの画面では、削除されたアドレスを一覧で確認いただけます。
必要のない場合は、「全てをクリアする」ボタンで履歴を一括消去できます。
削除した履歴は元に戻せませんので、ご注意ください。


解除時メール自動の管理者宛送信機能

▼解説

登録者がメールを削除した際に、管理者宛にも自動メールを送信できる機能です。
※ver2.4以前のバージョンでは登録者宛に任意のメールを送信できましたが、管理者宛には送信できませんでした。

上記の設定は、「配信日程・本文」のページより「解除時」の右部の「本文の編集」をクリックしてください。
すると、上記の画面となりますので、「【管理者通知専用】本文設定へ」をクリックし、
移動したページで「利用」を「する」に設定し、本文を設定ください。

【関連項目】本文編集


■その他解説

送信方式設定
▼解説
メール配信によるサーバへの負荷を軽減するための設定です。
通常はデフォルトの設定でお試しの上、問題があるようでしたら設定を調整してください。

■ 負荷をより軽減するには?
・アクセス毎に送信する・・・1回のアクセス毎の配信数を減らす
・分割で送信する・・・配信間隔の秒数を増やし・1回毎の配信数を減らす


配信ログ

▼解説
「ステップメール」及び「登録者へメール送信」(一斉配信)の履歴を確認できます。


ヘッダー/フッター

▼解説
本文の編集や一括配信に利用できるヘッダー・フッターを作成できます。


変更・解除フォーム
▼解説
登録解除に関する設定です。IDを利用しない場合は特に設定の必要はありません。


プランの削除

▼解説
プランを完全に削除します。復旧はできませんので、お気をつけください。


携帯3キャリアへの対応について
▼解説

楽メールではver2.4より携帯3キャリアへ正式対応いたしました。(※注)全ての携帯端末での動作を保証するものではありません
携帯ブラウザ対応の登録フォームHTMLを取得したい場合は、「携帯専用サンプルHTMLソース」をご利用ください。

「携帯専用サンプルHTMLソース」は、「詳細」もしくは「登録用フォーム」のページの「HTMLソースのサンプルを表示」を
クリックいただきますと、「PC専用サンプルHTMLソース」の下に別途表示されます。

【関連項目】詳細画面 / 登録用フォーム / 携帯ブラウザへの対応資料(PDFファイル)



セットアップ(環境設定)について

▼解説
ログイン直後のページ内の「セットアップを実行」ボタンより初回時のセットアップを再度起動できます。
設定をやり直したい場合や動作が正常に行われない場合などに、再度セットアップを実行してください。

このボタンを押すと、基本的には設定を確認と変更が行われます。
また、何も入力せずに「次へ」と進めた場合は何も変更されません。
特に、ログイン後に変更できる設定項目(プラン設定や登録者情報)などについては
一切関与されることはなく、更新変更されることはありません。

1、データディレクトリチェック
 → 現在のパーミッションを確認し表示するのみです。

2、画像ディレクトリ
 パスチェック
  → 設定済みの情報で画像表示の確認ができます。
 パーミッションチェック
  → 現在のパーミッションを確認し表示するのみです。

3、sendmailパス
 → 設定済みのパスが実行可能か検査し表示するのみです。

すべての項目で、最後にセットアップした環境と違う場合にエラーとなり、再度設定を促すメッセージなどが表示されます。




Copyright (C) weblogic. All Rights Reserved.