プロのライターが教える、初心者でもネタに困らないメルマガ増産の5つのポイント。

メールマガジン。
いわゆるメルマガというものがこの世に出てきてずいぶん経ちますが、今では普段文章を書かない人でもメルマガを発行するという状況になっています。

ところが、そう言った普段文章を書かない人にとって、定期的にメルマガを発行するのはかなり難しいものです。定期的に文章を発行するのはプロでも難しいのですから、当然です。

というわけで今回は、プロのライターNさんに、メルマガ初心者向けの必勝法を教えていただきたいと思います!

それでは、Nさんよろしくお願いいたします。

プロライターNさん
はい。
それでは、メルマガ増産のためのポイントを5つにまとめてお伝えしたいと思います!

ポイント① テンプレートを作る

まず最初に絶対やっていただきたいのは、テンプレート、つまりひな型を作ってしまう事です。

考えておくのは記事の構成やライン装飾です。
この代表的な構成は、ほかの方のメルマガを参考にするのが良いです。
メルマガを購読してみて「このメルマガはいいな!」と感じたら、それをテンプレートにしてしまいましょう。
大抵、メルマガの第1回目はサンプルとして登録なしで見れることが多いので、それを参考にする方法がお奨めです。

ライン装飾も他の方のを参考にして、それ用の素材サイトなどを見ておきましょう。
こうして、最初にテンプレートを作ることで、一回一回構成を考える必要がなくなります。
そして、同時に、同じ構成で文章を書くことで、自分の中で決まったやり方やルーティーンが生まれてきて書く速度が飛躍的に上がるのです。

もちろん読む側にとっても、決まった形式でまとまったメルマガの方が読みやすいという利点があります!

ポイント② ネタが無数にある物についての連載記事を書く

テンプレートが決める時、そこに連載記事を入れましょう。
と、言われても連載記事なんてネタ切れするに決まってると思いますよね。

しかし、世の中にはネタが無数に存在するものがあるのです。
たとえば「花言葉」や「宝石ことば」「俳句の季語」「星座」などがそうですね。

こういったモノの解説や、それにまつわる一言記事を連載することで、もうどれだけでもメルマガの量産が可能です。

ポイント③ 得意分野を連載する

メールマガジンの良いところは、連載記事が書きやすい点です。
ですから、自分がどれだけでも話せてしまうような、得意分野についての連載記事ならばかなりネタは持ちます。

特に、1回完結形式ではなく、たとえば「名馬の系譜」といったことを、連載形式で記事にすれば、読者に継続して読みたいと思わせる効果も期待できます。
ただ、いくら得意分野だからといって、ケーキ屋のメルマガに「三国志の英雄伝」を長々と連載するような、あまりに雰囲気にそぐわないものはNGです。

ポイント④ 普段からアンテナを張っておく

よく、おしゃべり上手な人を見ると「よくもあんなに話すことがあるよな」と思うことはありませんか?

とは言え、別におしゃべり上手な人が特別に波乱万丈な人生を送っているのではありません、こういった人は常に「話のネタになるような面白いこと」へのアンテナを張っているのです。

何気ない日常の何気ないワンシーンの中にある、よくよく考えれば面白い事。
こういったことを見逃さないようにアンテナを張り、メモを取ると良いでしょう。

ポイント⑤ 一番の秘訣は「楽しむこと。」

つらい、大変だ、面倒だ。
こんなふうに考えていては、そもそもどんなやり方でも続きませんし、続けても苦痛は増すばかり。
私がプロのライターとして仕事を続けられているのは、ネタ探しや、連載記事でもそうですが、自分が楽しんでいることが何よりの秘訣です。

そのための裏ワザとして自分の近しい人、家族や配偶者、恋人や友人に読んで感想をもらう方法がお奨めです。
レスポンスがあると励みになりますし、それがいい反応だと書くのが楽しくなります。

いかがでしたでしょうか?
ぜひ皆さんも、プロライターのアドバイスを参考に、楽しくメルマガを続けてみてくださいね!

Facebook

最近の記事

  1. CSVリスト
PAGE TOP