楽にメルマガ執筆を継続する5つのヒント

メルマガは、ネット広告の中でもポピュラーであり、手軽に宣伝が出来る広告媒体として人気があります。
しかし、この広告媒体は使い方次第で宣伝効果に差があり、過剰にメールを送れば、スパムメールと判断されてしまい、宣伝効果が無くなってしまいます。

そこで、ここではスパムメールにならない品質のメルマガを継続して配信していくためのヒントをご紹介したいと思います。

PREPフレームワークを利用する

そこで、メールマガジンの宣伝効果を持続させる為に、書き方のフレームワークを採り入れるのがオススメです。

文章構成のテンプレートとしてオススメなのが「PREP法」です。

PREP法とは、

・Point
・Reason
・Example
・Point

の4点を押さえて、文章を構成していく定番の手法です。

予め文章の組み立てをフレームワーク化しておく事により、結論や要点、その理由と具体例の例示をテンポ良く行っていく事ができ、フレームワークに沿ってメールマガジンの内容を組み立てていけば、消費者が読みやすい内容となります。

内容を絞ってメルマガを作成する

消費者に伝えたい内容を一つに絞って記載するというのも良い方法です。
メルマガの中で、色々な話題を提供してしまいますと、読み手は何の宣伝であるのかが分からなくなってしまう事があります。

その為、明瞭に伝えたい事を一つのテーマに絞って記載しておく事で、そのメールマガジンがどのような商品やサービスの宣伝であるのかが一目で分かるようになります。

内容は、紹介したい商品やサービスによって変えていく事になります。
人気商品が通常価格よりも安く購入出来るようになった事を告知したいのであれば、インパクトのある表現を用いれば良いでしょう。

テンプレートを作っておく

メールマガジンは文字媒体ですので、テンプレートを作っておけば、使い回しがしやすいという利点があります。

しかし、同じ文構造や文言をずっと続けていますと、消費者に飽きられてしまい、広告を見てもらえないといった状況も起こりえます。

そこで、複数のテンプレート、フレームワークを用意しておく事で、メルマガの文章に変化を与える事ができます。

顧客層に合わせて文体を調整する

商品やサービスによっては、堅苦しい文言を使った方が良い場合と軽い感じの文章にした方が良い場合があります。

文章のニュアンスを変えていく事によって、メールマガジンの印象を変えていく事ができます。

件名にこだわる

メールマガジンは、文章内容が重要であると共に、メールの件名も重要な要素です。
メールの特性上、まず、どのような用件のメールであるのかを示すのが件名の部分です。

その為、注目されるような件名を書いて、消費者に注目されなくてはいけません。
消費者に注目されるようになれば、メールを実際に見てくれ、内容を読んでもらえます。

消費者にメールを読んでもらえるような件名にするには、一目でお買い得感がある事を示す必要があります。

量販店の場合は、セールの文言を入れたり、通常価格よりもどれぐらい割引がされているのかを記載しておけば良いでしょう。
件名とメールの内容は一致していなければ、宣伝の信頼性が落ちてしまいますので注意が必要です。

以上、メルマガ運用の5つのヒントをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?
メルマガ運用に迷われた際には利用できそうな方法を是非試してみてください!

Facebook

最近の記事

  1. CSVリスト
PAGE TOP